新製品情報 フューチャー デカール 工 具 箱 本 棚 ご注文案内 リンク ショップ案内 送信フォーム ホーム

<< く〜〜るスポットで冷や汗 ぞぞぉ〜〜 その2 | main | 男って・・・・ >>
まっしろになりましたですぅ〜
 

さてさて 続きはどないなったか といいますと・・・・

10分で用意したキットが すべて完売してしまい、
さらに お客さんはやってくる。



どうしよう・・・・・・




問屋に在庫を確認したら、在庫はたくさんあるげど
人手が足らず 会場まで配達が出来ないとのこと。

問屋は 大阪市内なので、取りに行くしかないんだけど
ワークショップの指導できるのは 助っ人さん1名と私とてんちょの3人だけで
道順とか問屋での段取りや交渉を考えると 行けるのはてんちょしかいない。
会場での責任者もてんちょだし・・・・


困った、困った



だけど 行くしかない。

戦場と化した会場を後にし、てんちょは問屋へ

片道30分として 1時間半あれば 補給はやってくる

それまで何とか、持ちこたえよう!!



残った二人で 第1陣 10数人相手に ミニ四駆作りました。
が、参加のほとんどが 小学校低学年&幼稚園児
ニッパもドライバーも持つのは初めて、てな おこちゃまばかりです。
父兄の方々と一緒に (時間を稼ぐために)ゆっくり作っていきます。

事前に組み立ての練習をしてたのですが、
すっかり段取りを忘れてしまった私・・・・・
説明書とにらめっこで かなたに飛んだ記憶を手繰り寄せます。


その間にも 参加希望者が続々やってきます。
お昼頃になれば、キットが到着するので それまで待ってもらうようお願いしたり、
昼間で待てないから 何とかならないかと叱られたり、
ねじが無くなった〜〜〜!!! と床を探しまわったり、

それはそれは てんやわんやでありました。

きっとすごい顔になってたと思います。


これも てんちょが キットを持って帰ってくれるまでの辛抱だ
この場は 私たちで乗り切らなくっちゃ

がんばりました。


で、てんちょが出かけて20分くらいたった頃でしょうか。(私には2時間くらいに感じましたが・・・)
私の肩を、とんとんとたたく人が・・・・
振り返ると・・・・・・











てんちょがいました。









何でここにいるの?????



ETCカードを忘れたそうです。

カードを持たせ、私はがんばるから 一刻も早くキットを持ってきておくれ おまえさん
と 見送りました。




う〜〜〜〜ん 20分のロスタイムは 痛いと思いつつも
ここは待つしかないわ と戦線復帰




そして 10分後・・・・・・

また 私の肩をたたく人が・・・・


てんちょが立ってる〜〜〜〜〜〜〜


なんでまだここにいるの?????



持っていった駐車券が、他の駐車場のものだったらしく 駐車場から出られなかったそうです。



おーまいが〜〜〜〜〜


てなことで 40分遅れでてんちょは 問屋へ向かいました。


安全運転かつダイナミックなレーンチョイスで
いつもなら1時間半かかる問屋までの往復も
1時間足らずで 補給のキットとともに無事帰って来てくれました。


お待たせしていた皆さんと ミニ四駆制作再開です!!!


終了までに 60名近くの皆さんに作ってもらって 大きなコースで走らせてもらいました。

作るのはちょっとたいへんだった子供たちも
実際コースで自分の作ったマシーンを走らすと それはもう大喜びです。

何とか、大きなトラブルにもならず ワークショップは 無事終了


オープンから終了まで7時間近く、
我々は、何も飲まず、食べず、トイレにも行かず、
周りでどんなイベントがあったかも、どんなゲストが来た(西宮のゆるきゃら みやたんが来てたらしい)かも、お客さんがどんな方かも 一切わからず 
ただただ下を向いて 作り続けていたわけで

見事に燃え尽きました。


我々の見込みが 甘かったのは 大いに反省です。
でも たくさんの方々に来ていただいて
プラモデルにちょっとでも興味を持ってもらう機会が出来て 大成功!! かな??


あと たった一人の怪我人が ニッパで自分の指を切った てんちょだったことはないしょです。

(このお話は、ほとんど実話です。)














| がねこ | 16:44 | - | - |